頬のたるみケアでアゴすっきりのフェイスライン

身体のたるみ、心のたるみ

たるみとは普通、ルックス・スタイルに関することを指して言います。
頬のたるみ、二の腕のたるみ…人は年齢を重ねると、カラダの各所で気になるところが増えていくもの。

 

「美容整形があるじゃないか」「小顔体操があるじゃないか」という人がいるかも知れません。しかしそれには費用がかかることはもとより、身体をいじることで、どこかに負担がかかってしまい、不調を来たしてしまう原因にもなる気がします。
もしあなたが若くても、肥満によって身体にたるみが生じているのなら、食事療法、運動療法でそれを軽減することをオススメします。人間関係はまず、「見た目」から入るので重要なパートです。
また、精神面では「お前最近たるんでるぞ」と上司などから言われようものなら、ほとんどの人たちは気を引き締めようとします。しかし、それだけで本当にいいのでしょうか?
逆に仕事などで「力む」ことは筋肉が伸び切ってしまい、とても硬い状態になっていることと同じです。
屋外の電線(特に高圧電線)を見てみると、ピーンと伸び切ってはおらず、少したるませてあります。これは強風で煽られたりしてもプチンと切れることを回避するためです。
人間は精神的に張りつめてばかりだと、いつプチンとなるかわかりません。もし切れた場合、入院とか精神科が待っています。
営業マンは特に大変です。

 

月の売り込みを500万円に設定したとして、半分ぐらいしか契約を取れなかったとすると、上からはヤイノヤイノ、同期組や後輩からも突き上げを喰らったりして…。
思えば、お金は人を縛ります。

 

お金を得たいがため人は働きますが、さらにそれに出世競争が絡んだりして人間関係もあり、辞める辞めないといった迷いも相まってもうグチャグチャです。
精神を少したるませることは、「柔らかさを残しておく」ことです。

 

お肌の張りも特に女性には大切かも知れませんが、加齢によって顔や身体の各所にたるみが出ても、ある意味仕方のないことです。
「いつまでも若々しくありたい」。それは男女共通の願いですが、そう思っているうち、人は年を重ねていくのです。
逆に若い時は老後の自分を明確にイメージしている人は少ないものです。

 

身体にも心にも「適度な張り」。これが一番です。